WTテコンドー『後ろ回し蹴り』 膝後十字靭帯(PCL)損傷の中年でもできる『後ろ回し蹴り』のやり方を紹介♪ 筋力に頼らず体や関節への負担の少ないフォームです^^

2022年04月26日

今回は、膝後十字靭帯(PCL)損傷の中年でもできる筋力に頼らず体への負担が少ないWTテコンドー『後ろ回し蹴り』のフォームとそのやり方を動画にてシェアします♪


 またこの動画では、テコンドーアクションアカデミーTAAの親団体であるUTCの創設者であるソウルオリンピック金メダリスト張明三(チャンミョンサム)師範の『後ろ回し蹴り』もご覧いただけます^^ 


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

【動画の目次】

 00:00 挨拶&動画内容紹介 00:26 WTテコンドーの『後ろ回し蹴り』の特徴 

00:52 膝靭帯(PCL)損傷の中年でもできる『後ろ回し蹴り』のやり方 

01:41 3つの重要ポイント 

03:21 金メダリスト張明三師範のスゴすぎる『後ろ回し蹴り』 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 


【膝靭帯(PCL)損傷の中年でもできる筋力に頼らず関節や体への負担の少ない『後ろ回し蹴り』のやり方】 1.構えは後ろ足に重心を置く『後屈立ち』 

2.全身リラックスした状態で上半身をねじる 

3.目標を素早く見て重心を前足に移す 

4.あとは軽く上半身を後ろに傾けるだけ (ねじった上半身が元に戻る力で足が勝手に振り上がり、見ている所に足が行ってくれます^^) 

5.蹴り脚の膝の力を抜き、優しく蹴り脚を着地させる (この時、前足、後ろ足どちらでもすぐ次の蹴りを打てる状態にすることを意識する。)


 【3つの重要ポイント】 

ポイント1 足先を伸ばし母指球でヒットさせる! 

(試割りなど威力重視なら足先を曲げ踵で蹴りますが、筋肉が縮んで硬くなるため上段を蹴るにはより柔軟性が必要になります) 


ポイント2 

インパクトの瞬間以外、全身リラックスしたまま 

(蹴ろうと意識すると下半身に力が入り足が高く上がらず、脚も綺麗に伸びなくなります) 


ポイント3 

当たる瞬間だけ気合(かけ声)を入れる (当たった時にリラックスしたままだと体が蹴りの衝撃に対する準備ができず関節を痛めてしまいます)

© 2022 テコンドーアクションアカデミーTAA - 愛知県尾張旭テコンドー教室。
 Copyright © テコンドーアクションアカデミー(TAA) All Rights Reserved.
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!